トイレトレーニングに使える、こんなグッズもあるんです

トイレトレーニングに必要なグッズと言われると、おまるや補助便座、トレーニングパンツや布パンツを考えることでしょう。もちろん、それらもトイレトレーニングをする上で大切なグッズです。しかし、それ以外にも大人にとってトイレトレーニングがしやすく、イライラしないでゆとりを持って取り組めるようなグッズもあるのです。

そういうものをうまく取り入れることができたら、イライラしてトイレトレーニングに悪影響を与えなくて済むかもしれませんよね。そこで、トイレトレーニングに使えるグッズについて見ていきたいと思います。

まずは、トレーニングパンツや布パンツだと、失敗の回数が多くて洗濯や着替えに困るというような場合に使えるものからです。そのような時には、紙おむつと同じように使える、トレーニング用の紙パンツを取り入れるのも一つの方法です。

これは、布パンツと同じように濡れた感じがお子さんに伝わるようになっていますので、紙おむつとは違います。ですが、吸収力はあるので、服や家が濡れることはありません。そこで、まだ失敗が多い時期に取り入れるとか、濡れる感覚は感じさせたいけれど外出先でおもらしをされたら困るというような時に使うとかすることで、余裕を持ってトレーニングできることもあります。

それから、トイレトレーニングの問題点として、漏らした後の片付けもあります。どうしても服や家が汚れてしまいますから、どうにかしたいと思うこともありますよね。そんな時に、片付けに使えるグッズを取り入れれば、失敗にも余裕を持って対応できそうです。そこで、次に失敗した時の後片付けに使えるグッズについて見ていきたいと思います。

おしっこを漏らされることによって困るのは、濡れることももちろんですが、そのあとの匂いも問題ですよね。おしっこの主な成分であり、また匂いの元となるのはアンモニアですが、これは水に溶けやすい成分なので、濡らしても大丈夫な場所なら濡れたタオルなどで拭き取るようにすると匂いも一緒に落とすことができます。

おねしょをした場合も同じで、ただ布団を干すだけではなく、濡れタオルなどをあててアンモニアを溶かして吸い取ってから干すと匂いも取れやすくなります。また、布団へのおねしょには、炭の灰をかけておくと匂いやシミが取れやすくなります。

部屋の畳とかカーペットとかにおもらしをした場合は、重曹が匂いを落とすのに役立ちます。重曹には殺菌効果もあるので、衛生面から考えても便利に使えますね。以上のように、トイレトレーニングをより快適に行うためのグッズもありますので、取り入れてみたら余裕をもってトレーニングを進められそうです。